手芸&和装着装のお教室

和ゴコロくらぶ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
ぺたんこバッグ


 一月も終わりだけれど、まだまだ寒い日もある。
 ブラウン系の布を組合わせて、A4サイズの雑誌がすっぽり入るバッグを作ってみた。
 ヨーヨーキルトを飾って。

 ラビットファーを編んだチョーカーをお供に。
スポンサーサイト
バッグ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
古布クルミ


 古布でくるみのオーナメントを作る。
 コーヒー豆を入れて。
 ピンクッションにしても良いかな? と思ったけれど
豆を細かく砕かなかったので、針通りが悪い(笑)
縮緬細工 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
古布コサージュ


 古い羽織を解いて布にする。
 細い布をぎゅっと縫い縮めてコサージュに。
 古布とレースは、意外に相性が良い。
布の花 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
しあわせ袋


 4枚の布をあわせて縫う巾着。
 だから、しあわせ袋(^^)

 長方形の布を袋に縫い上げると、斜めに傾いて立ち上がってくるのが
面白いデザインになる。
 布あわせも楽しい巾着。

 小さな正方形4枚で作ると、お手玉にも。
 16枚のピースをうまく接いでいくと、桔梗のピンクッションにもなったりする。
 いろんなアレンジの利く縫い方なのだ。
バッグ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
グラニー


 グラニーバッグとマフラーのセット。
 ブラックウォッチと和柄を組み合わせるのが面白くて、
とうとうバッグにしてしまった(笑)

 マフラーは、ブラックウォッチのフリースに黒縮緬をあわせている。
 ブラックウォッチは黒っぽいチェックなので、それ自体が無地感覚で使えるのだけれど、
黒無地とあわせたら大人なマフラーが出来た。
バッグ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
這い子袋


 ハイハイする赤ちゃんに見立てたお細工袋。

 吊るし雛のモチーフの一つとしても定番の縮緬細工は
おちょぼ口とすっと引いた目じりの赤が、和みの表情を作る(^^)

 人形系のお細工もたくさんの種類があるけれど、
実は基本テクニックからの応用系なので、ちょっと頭をひねれば
なんとなく形になってくる。
 手足の形をどうとるか、が、這い子さんを作るポイント。
 巾着袋という形にこだわらなければ、もっと簡略化することもできる。

 お教室のお題には・・・どうかな~?(笑)
縮緬細工 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
丸つまみブローチ


 丸つまみの花びらを組み合わせた、つまみブローチ。

 つまみの形は、この丸つまみと剣先つまみの二種類しかない。
 二種類のつまみ方を組み合わせて、さまざまな形が出来上がってくるのが
面白い。
つまみ細工 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
絹を染める


羽二重を染めて、牡丹を作る。
つまみの下がりもつけて、華やかな髪飾りに。
布の花 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ふわふわ羽と縮緬つまみ


 ピンク系の縮緬と羽で飾った七五三セット。
 ゆらゆら藤房の下がりもお約束。
つまみ細工 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
和布とブラックウォッチで


 和風柄の生地とブラックウォッチを組み合わせて。
 小さめのコサージュだから、和柄が大きく見えるわけでもないのだけれど
不思議な存在感がある。
 こんな組み合わせも、布あわせの楽しみ。
布の花 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
貝雛


 蛤をちりめんで包む。
 手のひらの上に、ころんっと乗せてもかわいい、貝雛たち。
 金襴の屏風と綸子の布団で、おすまし飾り。
 本当は、小さな女の子と一緒にたくさんたくさん遊びたい。
縮緬細工 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
つまみかんざし


 縮緬をつまんでお花を作る。
 それを組み合わせて、かんざしに仕立てる。

 小さな布が組み合わさって豪華なかんざしに出来上がっていく。
 このごろは、オーダーで作らせていただくことが多いのだけれど
縮緬細工で余った(笑)布でも花一つくらいはできてしまうので
そんな余り布の花たちを集めて自由に飾ってみるのも楽しい。
つまみ細工 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
古布リボン


 御髪を覆うような大きなリボンを、やわらかな縮緬古布で。
 芯を入れない手縫い仕立だから、やんわりふわっと結い髪を覆う。

 古い子供の祝い着は、色柄も味わい深くて
こんなリボンの形にしても、とても個性的。
リボン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
お花のブローチ


黄色いお花は、ハートの花びらで。
ぷっくり厚めの花びらがかわいい。
ころころお花よりも、ちょっと大きめのブローチになった。
羊毛フェルト | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
和布リボン


 大きなリボンを古典柄の和布で作る。
 柄のないのもかわいいけれど、古典柄のリボンもなかなか新鮮。
 落ち着いた色だから、普段使いにも・・・していただけるかな(^^)

 卒業式の頃には、袴とブーツのハイカラさん風な装いに、
こんなリボンもステキかも。
リボン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
帯地の菊


帯地と和服地を使って。
花びらの型紙から起こした。
この菊も晴れの日の髪飾りに、といただいたオーダー。

二種類の生地を貼りあわせた花びらは、
あわせる生地を変えると表情が変わって楽しい。
布の花 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ハリネズミのピンクッション


 羊毛フェルトでつくるピンクッションは、羊毛の脂分が針にもやさしい。
 形もいろいろできて、作っていても楽しい(^^)

 ころんころんっといくつも作った、ハリネズミたち。
 針を刺さないと、もぐら?(笑)
羊毛フェルト | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
きものの柄から


 お着物の柄の牡丹を髪飾りに。というオーダーをお受けした。
 古典的な牡丹の柄を立体に起こす、楽しい作業だった。

 豪華なお振袖に見合うように、赤の綸子を花びらに
金の細紐で縁取りする。
 フルオーダー、一点ものの髪飾り。

 晴れの日の御髪をステキに飾ったかしら。
布の花 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
牡丹


 絹を染めて、布の花を作る。
 淡いグラデーションが美しく染まると、うれしい。

 オーダーをお受けして製作した牡丹の花。
布の花 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ワークショップでした


 ある小学校の家庭教育学級からの依頼で、羊毛フェルトのワークショップを行いました。
 ニードルフェルトは初めてという方ばかり14名でしたので
フェルトボールからの応用形で作る「雪だるまストラップ」と「お花のブローチ」を選んでみましたが
1時間少々の時間内では終わらない方が多く、宿題となってしまいました。
 もう少しテーマを考えたほうがよかった・・・かな? これは、ワタクシの反省点ですね。

 みなさん無言でチクチクされていましたが、終了後
「羊毛は、どこで買えますか?」
「コースターを作りたいのですが、ニードルでもできますか?」
などなど、ご質問もいただき、楽しんでいただけたようでうれしいです。
 機会があったら、また呼んでくださいね(って、ここを見ている人はいないかしら)

 画像は本日の御題と、各々のテーブルに配置するために持っていったピンクッションです。
羊毛フェルト | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
三番叟袋(縮緬細工ワークショップ)


 本年最初の縮緬細工ワークショップ、お題のサンプルが完成しました(^^)

 三番叟とは、おめでたい席で踊られる舞です。
 このお細工袋は、三番叟を舞う子供たちをかたどっています。
 おめでたい舞を舞うかわいらしい子供たちの姿は、
雛祭りなどのお祝いにもふさわしいお細工袋です。
 縮緬細工ワークショップでは、時間内で仕上げるために男の子を作りますが、
女の子の型紙と作り方は簡単な解説書をお付けする予定です。

 下げ飾り・吊るし雛を作りたいというご希望があがっていたため、とりあえず一本飾りくらいは
3月に間に合わせることを目標に、お細工袋を作ってきました。
 毎回、一つのお細工を製作しますが、型紙を少しアレンジすることで、
2~3つの別の形にもできるよう考えています。
 お花やうさぎ、柿に毬、お正月にも飾れるように海老・・・ときて、3月のお節句に飾るには
そろそろまとめに入らなくてはなりませんし、人形袋を作って一旦締めとします。
 来月は、これまで作ってきたものを下げ飾りにまとめる予定です。

 ただし、下げ飾り用のお細工テーマは、まだまだたくさんあるため、
ご希望があれば今後も継続してワークショップを開催します(^^)

1月の縮緬細工ワークショップ
 1月23日 10時から(1時間45分) つくばカピオ 小会議室2
「三番叟袋(男の子)」
 材料費込み参加費 2800円
*裁断済み新縮緬・金襴を袋に仕立てます。また、型紙もお付けします。
 定員6名(要予約)
縮緬細工 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
羊毛ハムスター(^^)


 これは羊毛を始めたころの作品だから、去年の3月ごろのものだろうか。
 スポンジを芯にしていることもあって、ちょっと太め(笑)
 もう少しリアルなハムスターを目指していたのだけれど、
暖かい季節になって中断してしまった。
羊毛フェルト | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
うさうさ


 試作段階の呼び方が定着してしまった、おすわりうさぎ「うさうさ」。
 細かなバージョン違いで、簡易版~豪華版とあるのだけれど
簡易版だからといっても結構な手間がかかる。
 あまり作りたくない受注製作もの(笑)
 画像は「豪華版」

 もちろん和ゴコロくらぶで「作りたい」というご希望があれば
お教えしますとも(^^)
 2匹でざっと6~8時間くらいかな?
縮緬細工 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
切り株ピンクッション


きのこのついた切り株のピンクッションです。
と、書いていて、白雪姫や赤頭巾ちゃんを座らせても良いかな
なんて思いついちゃいました(笑)

暮れから春先にかけては、行事ごとがたくさんあって
それにあわせて手芸のお題を練っていたりすると
こうしたものはなかなか進みません(^^;
羊毛フェルト | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
お手玉姫


 姫手玉といっていたが、お手玉姫の方が語呂が良いので今年から改称(笑)
 いろんな表情の5人組。

 縫い糸で刺繍するお顔は、作り手によっても表情が変わる。
 位置決めは目分量で、良い塩梅に刺していく。
 お細工キットによくあるけれど、○cmやら○mmやらと決めてしまったら、
おんなじ顔で楽しくないでしょ。
縮緬細工 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
プチケーキのピンクッション


 ペットボトルの蓋をリサイクルして、プチケーキピンクッション。
 羊毛100%だから、針もさびにくい(^^)
 ころころっといくつも飾っておいても楽しくて、蓋があるだけ作ってしまった。
羊毛フェルト | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ころころお花ブローチ


 フェルティングニードルでつんつんつつきながら
ころんっとフェルトボールを作るのが楽しい。

 いくつもいくつも作ったフェルトボールを組み合わせて
ころころっとお花の形にした。
 裏側にピンを通して、ブローチに。

 色とりどりレンタルBOXにおいてみた(^^)
羊毛フェルト | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
くまちゃんストラップ


 ミニミニテディベアのストラップたち。

 白とピンクは、もこもこふわふわやわらかめ。
 でも、ストラップとして使っていると毛羽立ってきてしまうから
緑とストロベリーレッドのクマは、しっかりフェルティング。
 小さいのに時間がかかって、これだけ作ったら懲りてしまった(笑)

 完成したのを並べているとカワイイので
またチャレンジしようかな。
羊毛フェルト | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
縫いコマちゃん


 狛犬の縫いぐるみということで、通称縫いコマちゃん(笑)
 つぶらな瞳が人気者。

 柄部分のアップリケを簡略版にすると意外に簡単に出来るので
お教室でも3人の方がチャレンジしてくださった。
 裁断まで済ましていても、
作る方が違うとそれぞれ個性的な顔になるのが面白い。

 デザインした当初は、昨年の干支ということで考えていたが
犬張子と見て安産守・子供のおもちゃにも、耳がとんがってしまったら猫にも見える。
「これ」と決まったフォームはなくて、
自由にアレンジして楽しんでいただけたらうれしい。
縮緬細工 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
下げ飾り


 小さなお細工を下げ飾りに。
 姫だるま、鯛、いのしし、餅花・・・初春のモチーフを、玉包みや押し絵細工で。
 俵はダンボールを巻いてジュートで包んでみた。ワイヤを挿すのにちょうど良い。
 むき出しでは芸がないので、ワイヤも縮緬でおしゃれする。

 パーツの数は多いが、それぞれハサミとボンド+ちょっとした刺繍で仕上げていく。
 冬休みに親子でできる手芸としてアイデアを練ったのだけれど、
お教室では、子供は別の遊びに熱中。
 結局大人だけで作ったので、時間が足りなくなってしまった(笑)
縮緬細工 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。