手芸&和装着装のお教室

和ゴコロくらぶ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
洋服地から仕立てる着物
 すっかり更新を忘れていました。ログインIDも忘れるくらい(汗)
 ということで、久々の更新ですが、以下は本家ブログのミラー記事です(^^;
 画像は本家から引っ張ってきていますので、何かの都合で見えなくなる場合があるかもしれません。
 見えなくなっている場合は、お手数ですが、本家にお出でくださいm(__)m

 素敵なデニム生地を見つけたので、ミシン併用で単の着物を仕立ててみました。



 着物用の反物は巾36~38cm長さ12メートル前後で着物一枚分ですが、洋服用の生地は巾が100cm前後ですから、5~6メートルあれば着物一枚分に充分です。
 和反物巾にざっくり分けてしまってから裁断に入ってもいいのですが、せっかく広幅なので、つまみオクミ裁ちという裁ち方をすることにしました。
 この裁ち方は、子供用の三つ身裁ちを応用したものです。

 生地はコットンソフトデニムなので、まず、水通しをして、地詰します。
 110cm巾5メートルの水通し>地詰>地直しアイロンは・・・正直言ってしんどいです(^^;
 しかし、ここで手抜きをすると仕立上がりが歪んでしまったり、お洗濯後に歪みが出たり、あるいは、着ていて着辛かったり・・・と色々難が出るので、しっかり行いました。

 先染め織り柄生地だったので、後はざっくり裁断です。直線裁ちですから、織り柄に沿って、ザクザクいきました。
 縫うのも、わりとザクザク(笑)
 なぜかって、この連休に開催された着物カーニバルに着て行きたかったんです。
 そういうことでもないと自分のものってモチベーションがあがらないというか・・・

 

 これが、着物カーニバルの際のコーディネートです。
 この日の明け方に、袖付けのクケをして仕上げた出来立てホヤホヤ(笑)

 これ洋服地なんです~って言ったら、ウケマシタ。やった!(^▽^)

 ということで、お細工や人形の着物で腕を磨いたら、人間用も仕立ててみませんか?
 洋服地で仕立てる浴衣や、もちろん和服の反物で仕立てる単、袷も西高野教室でご指導いたします(^m^)
 おきらく普段着の着方~礼装袋帯二重太鼓まで、和装着装(着付け)個人・少人数レッスンもしています。
 出張講座のご相談承ります。お気軽にお問合せください。
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
thame:☆★手作り仲間★☆ genre:趣味・実用
よしなしごと | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。