FC2ブログ
手芸&和装着装のお教室

和ゴコロくらぶ

7月のコーディネート
480P7090007.jpg


 分銅つなぎの縮みに一重名古屋帯、青の帯締めを効かせて。

 7月に入れば一般的には「絽のきもの」ですが、縮みも夏の着物です。シャリ感があって、絽よりも好き・・・というのは措くとして、普段着~おしゃれ着のコーディネートとして、今日は縮みを選んでみました。

 足元が撮影できませんでしたが、夏の装いは、少し短めに着付けるとキリッとして涼しげです。
 着物が黒地だったので絽の半襟を少し多めに出していますが、もう少し控えめのほうが涼しそうだったかもしれませんね。
 お太鼓も、心もち小さめに仕上げます。後姿もありませんが。

 夏の着物姿は、着ている本人よりも、見た人が涼しく感じることを第一に着付けていきます(^^)

 もちろん、本人も汗だくになってしまってはイケマセンので、見えない部分に涼しくなる工夫をいたします。
 麻の肌着~襦袢が一番ですが、如何せんお値段も張りますし、入手しやすいものでもないので、綿晒しの肌着やクレープの肌着を揃えるとべたつき感がなくてよろしいのです。
 絽の長襦袢も、ポリエステルのものを着るようでしたら、すっぱりやめてしまって、裾避けと半襦袢に絽の半襟をつけてしまっても良いでしょう。
 そうはいっても、礼装でしたら、お話は別です、よ?(^^;

 和ゴコロくらぶでは、自分ひとりで着物を着ることを目的とした和装着装講習を行っています。
 資格を取るためや他の方へ着付けてあげるためのお教室ではありませんので、講師も毎度気楽な格好で、ご受講の皆さんをお迎えさせていただいています(^^)



 お教室の詳細は、本宅ブログへどうぞm(__)m

 今日の記事は、本来の姿に立ち返って本宅ブログのミラーです。コピーして持ってきましたから、追記部分以外まったく同じです(^^;

 ああ、そろそろ着物を畳まなくっちゃ(笑)
thame:☆★手作り仲間★☆ genre:趣味・実用
コーディネート | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
<< チョーカーとネックレス♪ | home | 海にいるのは・・・ >>
Comment

管理者にだけ表示
こんばんは♪
先日、絽のベストを買いました。
似合う似合うの言葉にのせられてゥフ
そのうちおひろめしますね~
私としては結構いいお値段(><)
まっ、いいか~

きりりと涼しげですよ(^^)v
kuri3さんのように着物はきれませ~ん。。。
2008/07/09 Wed| URL | ピンクパンサー [ edit ]
こんばんは~
ピンクパンサーさん
 絽のベストですか! とってもおしゃれですね♪
 お披露目楽しみです☆

 着物の回は月一回にしてしまったので、わたし自身も練習不足だったりしますが・・・キリッと見えます? よかった~(^x^)
 和装は「慣れること」が一番ですよ~。着たいな~っと思ったときが始め時♪ ちょうど浴衣の季節ですもの、お祭には浴衣でどうぞ~(^▽^)
2008/07/09 Wed| URL | kuri3@kleefeld [ edit ]
着物
おひさしぶりです。
私も今年から着物にはまっています。
先日は、京都で初着物テビュー。
でも、初心者だし、炎天下(祇園祭り)を考慮して
縮(母の着物)を諦めて、浴衣にしました。
kuriさんの説明文に思わず、入り込んでしまいました。
裾よけに半襦袢・・・このお知恵は拝借します。
(半襦袢持ってないですが・・・買おう)

kuriさんはこういうベースがあって、お細工物されるのですね。
本物って感じ。
2008/07/22 Tue| URL | 草の花 [ edit ]
おはようございます(^^)
草の花さん
 祇園さんに浴衣でお出かけだったのですね~。夏の浴衣は風情があって良いものですが、京都には、ことのほかお似合いだったのではないでしょうか。イイナー(^^)
 裾避け&半襦袢は、二部式襦袢として市販のものもありますが、胴の部分に着物合わせ(カシュクール)のベストをサラシで作って、レース袖(呉服屋さんで売っている)か襦袢袖をつけるだけです。襦袢の袖をつけたものを「嘘つき襦袢」、その袖を「嘘つき」というようです。
 それと、半襟は「仕立て衿」という便利グッズが市販されていますよ♪
2008/07/23 Wed| URL | kuri3@kleefeld [ edit ]
Trackback
| home |