FC2ブログ
手芸&和装着装のお教室

和ゴコロくらぶ

八弁菊花袋
 あまり知られていないのだけれど、9月9日は重陽の節句です。
 三月を桃、五月を端午の節句というように、重陽は「菊の節句」とも。

480P9010043.jpg

 菊花袋、間に合いました。




 十二~十六弁の方が菊らしく見えるだろうな~っと思いつつ、八弁で(笑)
 家紋の一種で「八弁表菊花紋」というのもあることだし、なにより、このあたりで止めておかないと二時間の講習時間内で仕上げられないのじゃないかしら? っと。
 実は、十六弁を計画していたのにうっかり八弁の型紙を起こしてしまって、作り直すのも面倒だったからそのまま続行しちゃった・・・というのは、ナイショナイショ。ナ・イ・ショ・よっ。

 今月中のお題は、コレで何とかなるのかしら? と一安心。ヤレヤレ。


thame:☆★手作り仲間★☆ genre:趣味・実用
縮緬細工 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< 縞々ねこさんから♪ | home | お月見の下げ飾り >>
Comment

管理者にだけ表示
重陽の節句のことは、最近とても意識しています。
でもまだまだ人生未熟?なのか、桃の節句・端午の節句あたりまでで、手付かずです。

ここで、「私も一緒」と語るのもなんなんですが、私も過去10年ほど教室をしていたときは、作品を作るのに自転車操業状態でした。8弁の型紙で突入・・・の件は、多いに笑わせていただけました。ぎりぎりでも、どうにか始末をつけていけるのも、実力のうち、と考えています。
2008/09/04 Thu| URL | 草の花 [ edit ]
草の花さん
 こんにちは。
 奇数の重なる日をめでたい日として祝うお節句なので、7月7日の七夕もシチセキの節句というそうですね。
 秋の重陽は、なかなか趣のある美しい行事ではないかと思います。
 菊を飾ってみてくださいね(^^)

 あああ、草の花さんにもご経験が・・・なんだかほっとします。
 昨日のお教室で写真の八弁菊花をお披露目したら、八弁をするという方が数名おられ、お一人だけ十六弁にチャレンジしたいという方が出て、結局十六弁の型紙を引きました。再来週だから、間に合います♪
2008/09/04 Thu| URL | kuri3@kleefeld [ edit ]
Trackback
| home |