FC2ブログ
手芸&和装着装のお教室

和ゴコロくらぶ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
5月29日(ゴフク)の日
 Twitterでお知り合いになったちくちくきものの湖藤さん提唱「5/29用もないのにキモノ着る」の日です。

 ということで、用もなく着物を着るっというコンセプトの元(笑)着物を着て、出かけてまいりました。
 いや「用もなく」だから出かけなくても良いんですが、出かける用事があったわけで・・・

2010529.jpg

 和裁科の学生だったときに仕立てた紬の袷に、紬の単帯を合わせてみました。
 着物は無地に見えるくらい細い縦糸1本の巾の黒の縞が入っています。

 母のものだったから裄が短いのだけれど、仕立ててから何年も仕付けも取らずに箪笥に仕舞いっぱなしだったので、奪い去ってきました(をい)

 生成りにグレーや青の縞に黒と白の小さな花の織り模様の単帯は、手に入れてから3~4度しているだけで、まだこなれない。角だしに結んでも少しもてあます長さのため、小さめの二重太鼓にしたほうがいいのかもしれません。
 帯締めと帯揚げは松葉色の夏物。

 今週は、昨日も一昨日も着物を着ていて襦袢を洗濯してしまったため、今日の襦袢は十代の頃着ていた二部式。これには白の塩瀬をつけたままだったので、外すのもめんどうだっとそのまま着ちゃいました。

 髪はコンコルドを二つ使用した夜会巻きもどき。

 今日は風が冷たく、袷の着物でも肌寒く感じるくらいでした。
 5月も末だし、暑くなると困るな・・・と、襦袢が二部式でもあったので肌着を省略したのですが、着たほうが良かったです。
 この時期は着るものに困りますね。

 明日、30日は午後からぶらっと着物で矢根千というイベントが企画されています。

 参加したいなとチェックしていたのですが、あちらとこちらで入院だなんだと様々な事情が発生し、落ち着くまで週末のお遊びお出かけは出来そうにありません。
 ま、その分平日遊んでるようなものだ(と思われてます)けど・・・ 

 ああ、そろそろツイッターまとめが入る頃かな。
 なんだか文字ばっかり並んでつまらないので、後でまとめて削除しちゃうかもしれません。
 とりあえず毎日勝手に更新されるし、新しい機能ということで設定してみました。

 そうそう、ブログ本宅にて、今月のコーディネート前後編連載中(笑)
 着物にご興味のある方は、本宅へGO♪
thame:☆★手作り仲間★☆ genre:趣味・実用
コーディネート | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 帯の擦り切れ補修 | home | 七夕のつるし飾り >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。