手芸&和装着装のお教室

和ゴコロくらぶ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
初美四周年&森コミいち(をい)
 曇りで寒い週明けになりました。
 まとめて二つのイベント報告です。てわけで、長いですよ(^^;
 個別にご覧になりたい方は、本家へどうぞ。二本に分かれてアップしてあります(こらこら)

 2013年11月20日まで開催していた古布リメイク初美四周年記念生徒作品展の様子を写真でご紹介します。

 初美さんでの講座は、つるし飾りにするものを中心としたお細工ものを講習しています。毎月2回ずつの講習で一つ一つのモチーフを仕上げ、みなさん輪飾りや暖簾飾りにしあげました。
 昨年の作品展では暖簾飾りにしていた受講生さんが、今年は輪飾りを仕上げ、去年は卓上飾りにした方が暖簾飾りと、だんだんと大きなものも仕上がってきました。
 受講生のみなさんの一年間の成果をご覧ください。



 輪飾り二本、暖簾飾り二本、卓上飾りたち。すべて受講生作品です。
 初美つるし飾り講座は、現在のところ受講生4名のこじんまりした講座ですので、一人一人に目が届いてじっくりと講習できます(^^)



 少し引いてつるし飾り講座展示スペースの全体像です。
 受講生作品展示スペースの前に一段下げて販売スペースをとりました。ハギレやストラップなどの小物と、講師作品の販売品を並べています。

 では、個々の作品をクローズアップしていきます。



 昨年の作品展でもハンガーを利用して暖簾飾りに仕上げた受講生さん。
 今年もハンガー利用の暖簾飾りにしました。展示中忙しくてお話できなかったのですが、後でお見えになったときに「ハンガーにカバーをすると、印象が変わりますね」といったら、早速カバーを作ってきてくれました。残念ながらカバーをつけた写真がありません。
 卓上に並んだお馬ちゃんたちも、同じ作者さんです。和ゴコロくらぶデザインの午ちゃんを好みの生地、好みのアレンジで何頭も生まれました。
 来年の干支ですから、並べて飾ってくださいね。



 左側の小さめ輪飾りは、お花集めのつるし飾りです。お花といいつつ、みかんや鬼灯などの実も混じっていますが、植物モチーフなのでよしとしてくださいね(^^)
 三角の鱗と括り花飾りをつるし紐の上下にあしらって統一感を出しました。中心に下げたモチーフは、少し大きめで存在感のあるお花袋たちです。
 黒塗りの素敵なつるし台はご友人の旦那様に作っていただいたものとか。みなさん台も褒めていました。
 その前に飾った兜と菖蒲の卓上飾りも同じ作者さんです。

 右側の輪飾りは、ご友人への贈り物として構成された大作です。
 細かい飾り付けが間に合わず、写真の状態では、まだ未完ではあるのですが、一年間かけて、じっくり仕上げられた作品が輪飾りにまとまりました。
 このように輪飾りに仕上げてしまうとわからないところなのですが、ひとつひとつのモチーフは、綿を詰めて表側の形だけを作ったつるし飾り用の仕上げではなく、内袋布もつけた巾着仕上げをしています。
 講座の際には、最終的に「つるし飾り」として仕上げるのなら、一手間省いて内袋を付けない仕上げをしてもいいのです。と申し上げているのですが、せっかくいい生地を使って仕上げるのだから手間や時間がかかっても内袋を付けて本格仕上げにします。と、皆さん頑張りました。



 左側、みかん集めの暖簾飾りです。
 お花集めの輪飾りのようにお花(植物)モチーフを集めたり、このみかん集めの暖簾飾りのように、みかんのお細工をたくさん作ってつるしたりしても統一感が出て楽しいものです。
 みかんのモチーフは、皮の部分を作る際に花袋を作るテクニックを使いますが、巾着型のモチーフではなく、お細工ものという分類になります。みかん色だけでなく、緑色も使って、いろんなみかんができました。
 卓上飾りも同じ作者さんです。
 馬たちも並びました。

 作品展の場だけでなく自宅に飾ることを考えると、大きな飾りや輪飾りは飾る場所が無いということもありますね。
 そういうときには、暖簾飾りや卓上飾りをご提案します。
 暖簾飾りなら、壁際や窓辺にちょっと飾っても楽しいですし、卓上飾りなら、玄関のちょっとしたスペースにも置けますよ。

 では、卓上飾りを少しアップで見ていきます。


 ハンガーの暖簾飾りの作者さんのお馬ちゃんたち。
 和ゴコロくらぶの手順書では、タテガミを作る際に布の横糸を解いて房を作る方法を紹介していますが、別の方法もちらっと解説しています。いろんな工夫をしてみてください。毛糸をつかったお馬ちゃんも居ますね(^^)

 右手、お花集めの作者さんの兜と菖蒲です。どちらも内袋を付けたお細工巾着になっています。
 骨董がご趣味の方で、塗りの箱や台をお持ちでしたので、それらを利用して飾り付けました。



 みかんの暖簾飾りの作者さんの卓上飾りです。
 鳥のミニ卓上つるし飾りは、和ゴコロくらぶのミニ金魚をアレンジして鳥が飛んでいるように見立てて作りました。
 昨年の展示でミニ金魚を卓上輪飾りに仕上げて、たくさんのミニ金魚を触っているうちに鳥に見える金魚がいたことがきっかけで生まれました。
 お細工は「見立て」のものです。どんどんイメージを膨らませて、オリジナルなお細工ものを作ってみましょう。
 講座では、その手助けもさせていただきますよ(^^)

 こちらのお馬ちゃん4頭と姫だるまちゃんや人形袋たちも、みかんの暖簾飾りの作者さんの作品です。
 姫だるまちゃん一対、毬持ち人形袋一対、這い子人形袋、紫陽花袋と柿袋・・・一年間の成果です。
 人形袋は季節に関わらず飾って楽しめますね。袱紗を敷いたり、お盆やお皿に載せたり、カゴに入れたり、いろんなアレンジで飾ってくださいね。

 和ゴコロくらぶの講座では、こうしなければ、この布でなくては、という決まりごとはありません。
 受講される方の好みや飾る場所などの目的によって、色々のご提案をしていきます。
 もちろん一式キットにしてくださいというご要望があれば、そのようにいたしますが、それよりも、ご自宅に眠っているハギレや傷んでしまって着物としては着られなくなったものを解いた生地などを利用して、世界で唯一つのものを作るお手伝いをしていきたいと考えます。
 次回に向けて、楽しみながら製作していきましょう(^^)

 そうそう。初美作品展は、教室合同作品展でしたので、他の講座もちらっとご紹介。



 素晴しい刺し子が施されたリメイク服たちです。洋裁講座の受講生作品と先生の作品。
 ボディに着せて展示しているものだけでなく、ハンガーにかかっているものも多数展示されました。



 パッチワーク講座の受講生作品と先生の作品。
 作品を間近に見て、声を掛ければ触れてもいいという展示でしたので、この写真には、お当番の生徒さんにモデルさんで入っていただきました(^^)
 テーブルの上に並んだ円形ポーチやバッグは展示販売されていました。

 昨日で展示会は終了してしまいましたが、しばらくの間は、テーブル一つ分くらいで縮小展示するそうです。
 


 素敵なパッチワーク作品が並んでいますね(^^)
 古布リメイク初美、展示会以外のときは、10時30分~18時(水・木・日曜日定休)で営業しています。11月22日から通常営業ということでした。

 さて、次は11月24日に参加した「森コミいち」のご報告です。
 疲れていない人は、続きをどうぞ(笑)

 お天気のよかった11月24日、桜川市で開催された森コミいちに参加してきました(^^)

 霜が降りるほど朝晩は寒くなりましたが、日中陽が差しているところでは暖かで、まさに行楽日和な一日。
 上野沼のほとりに開けたキャンプ場が会場になって、色とりどりのタープテントが立ち並び、コダワリのお菓子やお料理、お野菜やジャムやお味噌など食品から色々の雑貨、手作り品、アンティーク品などなど、出展品も色とりどりに展示された一日だけの「いち」。
 初開催ということでしたが、たくさんのお客様が来場されて、みなさん楽しそうに歩いているのが印象的でした。

 開催場所は、桜川市の上野沼やすらぎの里でした。沼のほとりのキャンプ場です。
 あまり写真を撮っていないので、携帯から(笑)
 

 雲ひとつない青空、沼の中には噴水があって、筑波山も見えていました。なんと素敵なロケーション♪



 さすがキャンプ場、設営場所まで車で搬入できて、とっても楽々だわぁ♪ と思っていたら、運営スタッフさんたちが荷降しやテント設営を手伝ってくれてますます助かりました。
 それでも、ぼんやりのたのたと展開していたので、やっとこさ開場時間に間に合った感じ(笑)
 開場というか、まあ、散策の人たちかな? というか、ぽつぽつお客さまが見え始めたかと思ったら、人の流れが切れることがなく、オープン時のテントの様子を撮影する間がなかったのでした。で、この写真は小1時間経ってからです。
 今回も風来坊商店さんとのコラボ出店で、アロマワークショップもありました。


 和ゴコロくらぶはこんな感じ。
 上の方に新作ティペット見本を広げてさげています。
 日差しのあるエリアだったこともあってか、コートのいらない暖かさ。ちょっとアテが外れて、モコモコは微妙(笑)
 意外とモコモコついでに作ったマフに興味を持っていただけました。
 広げるとインパクトのあるファー&フリースのブランケットマントは、あまりの暖かさに販売を断念。丸めて突っ込んどいた感じ(をい)
 今回は、お手頃値段だったからかコットンプリントシュシュの出足が好調でした。


 お子さま連れのファミリーに風来坊商店さんのきらきらゴムブレスが大人気でした。
 アロマワークショップも、皆さん楽しそうにいい香りの品々を作っておられましたよ(^^)
 メンコやプラバルーン、ようかい煙、なめんなよカード、紙石鹸、水鉄砲やしゃぼんだまなどなど、街の駄菓子屋さんグッズも大人気。
 メンコは、この写真を撮ったときには完売御礼が出ていました。よかったよかった(^▽^)

 片付けのときに、ウチの中くらいの人が一個だけ売れ残ったプラバルーンをいただいて、たいへん喜んでおりました。
 帰宅してから、ハンドボール大に膨らませて表面の虹を喜んだり、投げ上げて落ちないようにふわふわさせたり・・・た、楽しいか? よかったな(^^;


 いいお天気の一日、のんびり気持ちよく過ごせたイベントでした。
 アロマワークショップに参加された方とのお話を漏れ聞いたところによると、この時季になると閑散として寂しいところなんだそうですが、そんなことを感じさせない賑わいでした。最初にも書きましたが、ブースの前を通る皆さんが笑顔でイベントを楽しんでおられる様子が見えて、とてもよかったです。
 たくさんのお客さまが見えて、飲食ブースが長蛇の列だったり早々に売り切れたりしていたのが残念というか、出店するならお弁当が必要だったかも? というのが、今回の反省(笑)
 次があったら、お客さんで行こうかなぁ(こらこらこら)

 スタッフの皆さん、ありがとうございました。お疲れさまでした。
thame:☆★手作り仲間★☆ genre:趣味・実用
よしなしごと | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 椿袋 | home | 教室展&森コミいち >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。